活動報告

山頭火の小径レキマチWORK「山頭火の小径の句板を考えよう」

山頭火の小径ワークショップ

テーマ『山頭火の小径の句板を考えよう』

  • 前回のワークショップを振り返り・今回のワークショップの課題を共有

前回までのワークショップでは句板を活用した企画案をみんなで考えてきました。今回のワークショップでは、実際に句板を使用する際に、山頭火の小径において、「どの場所」に「どの句」を設置したいかを考える旨について共有しました。手法としては、山頭火の句をキーワードに合わせて検索して、事務局が用意した簡易句板に記入します。それを、拡大MAPの上に置いていき、設置場所を定めていきます。山頭火の小径の様子を思い出すためにも、まずは写真で振り返りを行って実施するようにしました。

 

  • 全体ワーク

 

テーマ:スポットに合わせて句を配置

【①配置したい句・②配置場所】を考える

 →個人で考える

 →全体で共有

山頭火の小径の写真を共有した後、参加者がイメージするキーワード(「水」等)を使い、インターネットにて山頭火の句を検索しました。そして、イメージに合う句を選定していきました。その句がイメージする場所を選択して、設置場所を各自で定めていきました。また、山頭火のシルエットを句板につけることができるスタンプの準備もあり、統一した印をつけていきました。句板の統一性や魅力を向上させる意図があります。一部の参加者は本日実施する内容を事前に調べてきたこともあり、複数の句を選定することができました。

全体で共有する際には、一人ずつ①選択した句②設置する場所③理由を発表していきました。今回は初めて山頭火の句にふれる人も多くいたため、山頭火の句のもつ魅力に触れながら楽しむことができたかと思います。

全体でまとめた内容はこちら


コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。